MBAはどのような人が学んでいるのか

多くの人はMBAという言葉を知らないと思いますし、知らない人は当然勉強してはいないでしょう。では、どのような人がMBAを学ぶことが多いのでしょうか。

企業経営者や経営者を目指す人が学ぶ

一般の人がMBAを学ぶというのはごくまれであり、大半の人は経営者を目指している人や、親の後を継いで経営者になるという人が学習します。MBAはビジネス全般に関する知識を学習するので、経営者になるにはかなり役立つと言えるでしょう。最近は正社員でもかなり冷遇されることが多いため、自分で事業を起こして独立する人も増えています。
しかし、知識がなければ独立しても失敗することは目に見えているので、MBAの勉強をしてから独立するという人が多いのです。また、親が会社の経営をしている場合、自分の代で会社を潰してはいけないと思う人も、積極的にMBAの勉強をすることが多いと言えるでしょう。

年代は全く関係ない

企業の経営を行う人がメインに勉強しているMBAですが、どの年代の人が多く勉強をしているのでしょうか。実際はあまり年代に関係なく、いろいろな世代が勉強をしています。通常親の後を継ぐ場合には、大体40代ぐらいになってからが多いですし、勤めていた会社を辞めて独立する人というのは、大体30代ぐらいが多いでしょう。
中には学校を卒業したらいきなり起業したいと考えている人もいるので、20代も多くなっています。さらにはリストラされてから独立をする、定年退職してから事業を起こすという人もいるので、MBAを勉強する人が多い層というのはあまりなく、年代は関係ないと言えるでしょう。

ありとあらゆる事業に役立つ

MBAは特にジャンルは関係なく、ありとあらゆる事業を起こす、経営するのに役立つため、どのような事業を始める場合であっても必ず勉強しておくべき内容だと言えるでしょう。

関連する記事