MBAって必要なの?

最近はいろいろな資格が存在していますが、資格の他にも特定の学校で勉強し、全課程を修了すると取得できる学位というのがあります。その1つがMBAなのですが、MBAとはどのような学位なのでしょうか。

MBAとは何か

近年は何でもアルファベットで訳す傾向にあるので、よく意味の分からない言葉もたくさん存在しています。MBAもその1つなのですが、MBAというのは何のことなのでしょうか。簡単に言えば経営学修士のことです。経営学修士と言われても何のことだかわからないという人も多いでしょう。経営学修士というのは、ビジネスのエキスパートのことです。
ビジネスに関してありとあらゆることを勉強した人がもらうことができる学位だと言えるでしょう。学位というのは資格とは異なります。資格というのは試験を受けて合格した人が取得できるのに対して、学位というのは所定の課程を修了した人がもらえるため、特定の学校で勉強をすれば学位を取得することができるのです。
もちろん簡単な勉強ではないので、かなり難しいのはいうまでもありません。なぜならビジネス系の大学院で勉強しなければいけないからです。元々はアメリカで始まったのですが、現在では日本でも学位を発行してもらうことができるようになっています。

MBAの専門分野

MBAはビジネスに関する全てのことに熟知している必要があるので、いろいろなことを勉強しなければいけません。よって専門分野はビジネス全般なのです。勉強することも非常にたくさんあり、例えば経営戦略や企業学、マーケティングやアカウンティング、ファイナンスから経済学などがあります。
これでもほんの一部に過ぎず、リーダーシップやビジネスプラン、統計学や人事戦術なども学習しなければいけません。そうしないとビジネスのプロとは呼べないでしょう。0から会社を立ち上げ、どのようにして会社を成長させていくのか、どのようにすれば大手企業の仲間入りができるのかという点まで熟知している必要があります。
会社経営に終わりはありません。会社経営に終わりがあるときは、倒産したときだけです。会社経営を行う知識というのは、生涯必要になることなので、終わりなき戦術を知る必要があります。当然時代の流れをきちんと読み取り、今度はどのように経営していくべきかという点までアドバイスできないと、とてもMBAと呼ぶことはできないでしょう。

MBAを必要としている人

MBAは必要なの?と考えている人もいるでしょうが、普通に考えれば大半の人は会社に勤めているので、ビジネス関連の知識は必要不可欠だと言えます。しかし、公務員のような財務系の仕事が多い場合には、特に必要とはしていません。なぜなら公務員は経営戦略などなくても、国民の税金で給料をもらっているからです。
経営不振や不景気、売り上げなどには一切関係ありませんので、MBAを必要とはしていないと言えるでしょう。それに対して民間企業の場合には、取引先や自社の商品を購入してくれる人がいなければ会社を運営していくことができません。そのため、MBAは必要不可欠だと言えるでしょう。

[PR]
日本で取得できるMBA

普通にサラリーマンやフリーターとして勤務している人は、MBAは必要なの?と疑問を抱いている人や、そもそもMBAなんか知らないよと思っている人もいます。しかし、出世して管理職になった場合や、独立して法人経営を行う、個人事業を行う場合には、決して避けては通れない道なのです。

民間ではMBAは必要不可欠

財務系の仕事が多く、経営の心配をする必要のない公務員は、特にMBAを必要としていませんが、民間では必要不可欠だと言えるでしょう。
rtsts

新着情報

◆2016/10/17
MBAって必要なの?の情報を更新しました。
◆2016/04/01
MBAの勉強をする場合にかかる費用の情報を更新しました。
◆2016/04/01
MBAは2種類存在しているの情報を更新しました。
◆2016/03/28
当HP担当者を新規投稿しました。
◆2016/03/28
どのような科目を学んでいくのかの情報を更新しました。